宇都宮(栃木)の結婚相談所 世話やきばあちゃん! 新しいお見合い(紹介)で幸せな二人がふえています。

世話やきばあちゃん!
お問い合わせは
TEL028-637-1135
メールはここをクリック


世話やきばあちゃん!
の場所は
ここをクリック


餃子の町(宇都宮)、中年おじさんの婚活応援日記
ブログはここをクリック







・相談・問い合わせについて





・相談・問い合わせについては下記フォームから送信してください、

氏名
メールアドレス
電話番号
性別
年齢
相談・問い合わせ

の内容


 ・後日、メールアドレス宛に返信いたします、
  返信が無い時は電話にて問い合わせ願います。
  (アドレス間違い・迷惑メール等で連絡ができない時がある為)


  個人情報については、個人情報保護に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守し
  個人情報の保護に努めています。

                          プライバシーポリシーについて




・相談例

・結婚活動(婚活)をしなければと思いますが一歩が踏み出せません

結婚相談所世話やきばあちゃんの絵
世話やきばあちゃんが、
幸せ応援団!
あなたは何に躊躇しているのですか、
人間の一生は一度だけです、考えてみてください、一歩踏み出す人生と一歩踏み出さない人生、どちらも同じ人生です、しかし、自分の人生が終盤になり「あの時あれをしておけばよかった、これもすればよかった、・・・・」なんて後悔を残す人生と、何も思い残すことは無いと思える人生、 一歩踏み出す勇気は大変かもしれません、でも踏み出さなかった後悔をしたいですか? 傷つくことを心配して踏み出せない方もいると思います、でも傷ついても踏みだした人生の充実感には後悔は残りません、違いますか? 私も子供の頃いつも親から「あれはやってはだめ、これは危ないからだめ」といわれて踏み出せない人間でした、でも浮谷東次郎の「わが青春の遺産」という本を読み、踏み出すことのすばらしさを見つけました。

・結婚はしなければならないものですか!

結婚はしなければならないものではありません、
最近はシングルの時代などと言われています、「お一人様の老後?」なんて本も確か出ていたように思います、読んでいないのでなんとも言えませんが、この本を読んで納得できて一人でいいといえる人には結婚はしなくてもよいかもしれません、でも考えてみれば「お一人様の老後?」が心配だからこんな本を書く人が出てくるのかも知れません、きっと「お二人様の老後」という本では誰も書かないし、読まないと思います、
一人は自由でいいかもしれません(若いうちは)、しかし中高年になってからの一人は指南役の本が必要な時期になると言うことです、結婚すると自分の自由な時間を奪われ、自由なお金も無くなるかも知れません、かわいそうにと思う気持ちも分かります、でも、二人で一緒に頑張ることは無意味なのでしょうか、人間を「楽」は成長させますか、努力し忍耐で頑張ったことは人間を成長させます、でも、この大変さを一緒に頑張ってくれる方がいることの意味をよく考えてください、
家庭とはあなたの心の居場所です、今の居場所はご両親が築いたものでいつかは無くなります、あなたの心の居場所は必要ではありませんか?

・結婚活動(婚活)が流行となっていますが、流行を追うようで婚活したくありません、

結婚活動(婚活)なんてする必要はありません、
皆がやっているから「就活」と一緒でやらないと皆に遅れをとってしまう、みたいなイメージがありませんか、結婚活動(婚活)なんてする必要はありません、
あなたに必要なのは人との出逢いの機会を増やし、人を愛する気持ちを育てることです、婚活ではありません、人を愛する気持ちを大きく育て理想の方と出逢いましょう


・結婚情報サービス会社に登録しましたが、見合いの相手も見つかりません、

あなたの希望はまちがっています、
何故か、結婚情報サービス会社はあなたの条件とお相手の条件を登録して,合致する方を見つけています、あなたの希望する条件においてはあなたを希望するお相手はいないという事です、
よくあるのが40代後半以上の男性が20代・30代の女性を希望しているケースです、20・30代の女性の希望年齢は大体40歳前までの男性の場合が殆どです、
これではお相手は見つかりません、一度、結婚の条件を再検討してみる事をお勧めします、


・婚活で何度かお見合いパーティに出席しましたが、お相手が見つかりません、

あなたはお見合いパーティには向いていません、何故か・・・・
結婚活動(婚活)お見合いパーティは沢山の人との合同の出会いとなります、ですから沢山の人の中で目立つ人が有利となります、「外見がいい人」「 社交的な人」「元気な人」・・・等です、それ以外の人は中々難しいかも知れません、ですから自分が結婚(婚活)パーティでは無理と感じたら、一対一の出会いを選ぶべきでしょう、沢山の人の中で比べられたら出てこない、その人の良さが出せる場となることでしょう、


・結婚活動(婚活)を諦め、一人の人生を考え始めています、女性38歳

あなたの人生、それで後悔しませんか?
 結婚活動(婚活)を諦めるのは簡単です、(一人の人生を否定する訳ではありません、)それも大変な覚悟が必要でしょう、そんな大変な覚悟をする前に結婚活動(婚活)を楽しんでみてはいかがですか、私の人生で考えると結婚活動(婚活)をしている時代が一番輝いていたと思えます、結婚活動(婚活)大変と思うのではなく結婚活動(婚活)は恋愛と考え人を思い、恋をして今をもっと輝かせてください!もう結婚活動(婚活)で傷つきたくない、気持ちは分かります、でもでも、もっと恋をして自分の人生を輝かせてください、それでも心配な人は結婚情報紹介サークル「世話やきばあちゃん!」に連絡してみてください、宣伝になりますが栃木県宇都宮市で傷つかない結婚活動(婚活)を支援しています。      


・29歳ですが、結婚活動(婚活)を始めるべきでしょうか?

結婚活動(婚活)なんてまだまだ早い、もっと自由をエンジョイして!
なんて言ってあげたいのですが、結婚活動(婚活)は20歳を過ぎたら早いに越したことはないと思います、何故ならまわりを見てください、かわいい子、かっこいい人はみんな早い者勝ちです(言い方は悪いですが)、あなたのお姫様・王子様を誰か他の人がさらって行ってしまいますよ、後で後悔しない為にも早いに越したことはありません、ただ焦る必要はありません、時間は充分あるのですから・・・・!そうです、この焦る必要はありません、これがキーワードです。早くから考えているから焦る必要はなくなるのです、考えないでいると時が過ぎ焦りだしても間に合わない時が来ますよ、何故なら、あなたと年が相応となる年齢の方はどんどん少なくなってしまうのですから(若い方がいい・・・、若い人は中年の相手はしてくれませんよ)そして益々悪いことに、残っている人は自分の意思をはっきり表示できない人ばかり、交際しても進展はありません、ですから、早く結婚活動(婚活)を始めなさい、焦らせるのではありませんが、時間は有限です。

・見合いの時にうまく話が出来ません

見合いの時に、うまく話す必要はありません、見合いの時は普段のあなたがうまく出せることが一番だと思います、(それが出来れば相談などしない、との声が聞こえてきそうですが) 人は自分の自慢話をしている時はかなりうまく話せていると思いがちです、しかしお相手の反応はまったく違うものです、「自分本位の人」「面白くない人」・・・等です、自分でうまく話が出来るという人に多いのがこの勘違いです、お相手は好意を持っていませんよ、
それよりは沢山話さなくても、話が途切れても、お相手の話を聞く事が大切です、自分の話を聞いてくれる・自分を認めてくれるよい人との評価が得られるのもこちらのケースが殆どです、
でも、初めて出逢って始めから、会話が続かないのはまずいですね、
会話をスムーズに始めるには簡単な方法があります、相手に何回「そうですね」と相槌を打ってもらえるかがポイントです、
 例えば  1、あなた「今日はいい天気ですね(よく雨が降りますね)」    お相手「そうですね」
       2、あなた「今日は暑いですね(寒いですね)」            お相手「そうですね」
       3、あなた「・・・・・・・」                          お相手「そうですね」
 この会話で何度お相手に「そうですね」を言って貰えたかこれがポイントです、相槌を繰り返すうちにあなたとお相手の波長は合ってくるものです、その後はお相手の話を聞いてあげてください。


・結婚情報の会社に登録を考えています、どのような会社を選べばよいですか

あなたがどのような結婚活動(婚活)をしたいかが問題です、お見合いパーティに出席したいか、一対一の見合いがよいのか、データでお相手を選びメール等で交際を始めたいのか、結婚情報会社にはそれぞれ得意な分野があるので研究してみてください、
でも、気をつけた方が良いと思いますが、最初に沢山のお金を取られるところは止めたほうがいいと思います、最初に沢山お金おもらえば後はどうでもいいなんてところはないと思いますが、気をつけてください。


 

・親に結婚しろといわれますが、結婚したいと余り思いません、

甘えるのは、もうやめましょう、年齢が分かりませんが、親に言われてする結婚ならお相手がかわいそうです、結婚はやめましょう!
そして自分の人生設計を立て直してみましょう、人生設計など考えた事がなかったなんて人はいませんよね、今の生活が時間もお金も自分の自由になるから一番なんて考えていませんよね・・・・・!
自分の人生設計をする事から答えは出てくるでしょう、人生は長いようでそんなに長いものではありません、(55歳の実感です、)


       

・結婚て何のためにするのでしょう! (2) 女性 32歳

相談内容
結婚て何のためにするのでしょう!
同じ質問を母にすると、ひとりぼっちにならないためにと答えます。
結婚に対しての憧れや希望はありません。 世間の目を気にして、結婚をしなくてはいけないのだろうなと感じています。 本当に自分はどうすればいいのか分からないんです。

回答
  「結婚」はしなければならないものではありません、
一生一人を選択することも、本人の自由です。
あなたが「世間の目を気にして・・・」とありますが、 そんなものを気にする必要はないと思います、
あなたの人生ですから・・・。
一度しかない人生ですから、思うように生きることが必要です、
人生の最後に、あなたが悔いのない人生だったと思えることが必要です、 あれも出来なかった、これも出来なかった、あれもしておけば良かった・・・、 こんな人生は最悪です。

人の人生を輝かせるためには、 人を愛すること、 人を恋すること が必要ではありませんか・・・、

愛すること・恋することの後に、この人と一緒にいたい、離れたくない・・・、 と思えば「同棲」「結婚」となるのではないですか・・・。
「ひとりぼっちにならないために」の結婚もあるかもしれませんが、 選ばれたお相手がかわいそう過ぎませんか・・・。
まず、人を愛する、恋する事からはじめてみてはどうでしょう・・・。


 

・現代の厳しい結婚活動について感想

最近の結婚活動(婚活)が大変な理由は沢山ありますが、一番の理由は見合いシステムの崩壊です。
以前の事を話していても仕方がありませんが、昔はある年齢になると親戚や隣近所のおばさんやおばあちゃんが見合いの話を自然に持ってきてくれました、ですから本人は余り気が進まなくても見合いをさせられ、会ってみればまんざらでもなく、回りからも「いい人だから逃がさないほうがいいよ、」なんて言われてその気になり、いつの間にか結婚していた、なんて具合になることが多かったものです、見合いシステムが崩壊してしまった現代においては、これって殆どなくなりました。
現代では結婚している友達の紹介、彼女(彼氏)とうまくいっている友達の紹介が、あると思いますが昔のおばさんやおばあちゃんのパワーは比べ物にならない位の力がありました、あっちがダメならこっちはどうだ、こっちがダメならそっちはどうだ,と言うような感じです。
現代はそんな世話焼きは嫌われる時代です、ですが次の世代の若者の応援をしなくなったことは今の中高年の怠慢ではないでしょうか?私はそう思います。
若者の結婚活動(婚活)の応援をしないことは未来を託す世代を育てていないことになります、昔の人は自然に未来を見据えた行動が出来ていました、今の時代は余りにも複雑になりすぎました、自然に理想のあいてを見つけ結婚することが出来ない時代をつくった世代(われわれ中高年)は反省し、新しい仕組みをつくる努力が必要ではないかと考えています。
ですから反省をこめて若者の結婚活動(婚活)の応援をしています。

  • トップページ
  • サークルについて
  • 紹介希望
  • 相談・問い合わせ
  • 費用について
  • アクセス
  • 会社について
  • 個人情報について
  • by 宇都宮(栃木)の結婚相談所 世話やきばあちゃん!